ペレットストーブ販売店会議に参加してきました

2019年6月11日
pellet01

先日、ペレットストーブメーカーのさいかい産業様(本社:新潟)主催の販売店会議に参加してきました。
名古屋開催ではありましたが、京都や富山からも販売店さんが参加されていました。

内容は

・2018年度の売り上げ
・販売促進活動
・メンテナンス
・SAIKAIマイスター制度についてでした。
 
特に私が参考になったのが、「ペレットストーブの体験会」について。
▲弊社で開催したペレットストーブ体験会の模様
 
冬の時期に活躍するペレットストーブですが、やはりお客様が興味をもつのは
秋口の10月頃から3月までの間。
この期間にどれだけ、ペレットストーブを身近に感じていただくか。
そのために、今まで弊社でも開催しておりました「体験会」をより伝わる者に
していく必要があるなと感じました。
また、「SAIKAIマイスター制度」という今年度から導入される制度についても
これからさらにお客様の満足度向上を目指して弊社でも積極的に学んでいかな
いといけないなと感じました。
 
「SAIKAIマイスター制度」の目的
ペレットストーブの販売から設置工事の欠陥による事故の防止する
・お客様の満足度を上げる
・販売店の認知度を上げる
 
今までは、「ペレットストーブを設置をしたいけどどこに問い合わせをしたら
いのかわからない」「この会社はきっちり工事をしてくれるだろうか」とい
った情報が消費者や工務店様(販売店以外)などに伝わっていませんでした。
今回導入される「SAIKAIマイスター制度」は、さいかい産業様が独自に制作した
カリキュラムを下に、もう一度「点火の仕組み」から「ストーブの構造」
「メンテナンス」などの講義、実技を行い、マイスターとして認証を受けた者
会社単位ではなく個人単位で)に対して修了証を発行するというもの。
ストーブにも様々なメーカーがあります。数あるなかで、弊社を選んでいただ
けるように、より高度な知識を身につけ、また情報発信をしていく必要がある
なと感じた会議でした。
SAIKAIマイスター講習の模様(7月末開催予定)はまたこちらに掲載したいと
思います。